ワークショップの内容

音の対話型鑑賞ワークショップでは2つのポイントを押さえた環境づくりをしています。

  • Co-Create:皆で一緒につくる 
  • Consummatory:過去でも未来でもなく、今ここの活動に集中して、心躍らせる

ワークショップの流れ

正解・不正解という2極の答えが存在しない音を鑑賞し対話を行う

潜在意識(感性)と顕在意識(言語化)をそれぞれ幼少の自分、大人の自分に人格化して対話を行います。

「音の対話型鑑賞」では、モジュラーシンセサイザーという縦横無尽に音を操ることのできる楽器で、即興で作られる音を鑑賞します。
そこで得た感覚や連想されるイメージをグループでシェアしながら対話し、他人との違いを楽しむことが特徴です。

対話によって気づいたあなたの感覚や視点、愛情や洞察を、言語化することで、日々の生活やビジネスシーンでも活用することができます。

音と感覚を扱うアーティストだからこそ提供できる音空間での対話の場となります。

感性と直感を鍛える

人は自ら導き出した答えでないと腑に落ちないという感覚が残り、パフォーマンスも発揮できません。

自分で感じたことを導き出せるよう、音の対話型鑑賞を通じて、感性と直感を鍛えましょう。

感性や直感は筋力と同じでトレーニングができます。

人はみなクリエイティビティに溢れているのです。

PAGE TOP