トライアルの音の鑑賞オンラインワークショップ終了!いよいよvol.1の募集開始!

2020年4月11日、密かにトライアルでオンライン<音x感性>対話型鑑賞ワークショップを行いました。

その前に2020年4月5日にもオンラインのワークショップは行ったのですが、こちらはオフラインでワークショップにご参加いただいた人を対象に行いました。(その時のレポはこちら

今回のトライアルでは、今までに私たちのワークショップに参加したことのない人にも向けてということで、前回とはまた違ったドキドキ感がありました。

参加者の申し込みが予想超え!

今回のトライアルのワークショップは、ショートバージョンということで、Ongaku Inc.の小松さんがクローズドのコミュニティーにのみに告知しました。

しかも本番3日前に・・・。(笑

もう、私は冷や汗しかありませんでした!!

音楽畑から言えば、明後日ライブあるから来てねー!!って言ってるようなもので、はっきり言ってあり得ない(笑)。

lena:「小松さん、一体どのくらいの申込数を見込んでるんですか??」

小松さん:「まあ、50名くらいじゃないですかね」

lena:「・・・・。」

私にとっては能天気としか思えませんでした(笑)。

しかし、告知を出して翌日には50名を軽く超え、

当日には70名になってました!!

lena:「小松さん、読みが当たってるというか、遥かに超えてますw」

小松さん:「テヘペロ」

と言った感じで、嬉しさと共に襲ってくる緊張、ワクワクとドキドキ・・・・。

やっぱり対話型鑑賞は楽しい!みんな違ってみんないい!!

今回も音質を重視して、予め即興で作った音楽を鑑賞しました。

ZOOMのブレークアウトルームで3〜4名ずつのグループになって対話をしており、私もいろいろな部屋に遊びに行きました。

同じ音を鑑賞して「季節感」を感じる人、ドラマのワンシーンを浮かべる人、「朽ちる美しさ」といった美意識を感じる人など、さまざまでした。

私は同じ音で「廃墟」を感じました。

しかも、どれもみんな「お〜〜〜〜〜!!なるほど〜〜〜〜〜!!」という共感の嵐。

オンラインでは自分が即興をしない分、自分で演奏した音を第三者目線で鑑賞できるのも面白い体験でした。

みんな感じ方が違う、一緒じゃなくてもいい、これって超自分軸ですよね!!

そのあと、みなさん感想もたくさん書いてくださり、私、小松さん、齋藤久師も大喜びでした。

情報過多な今の時代だからこそ、ものすごく大切なことだと思います。

冷暖自知

冷暖自知という言葉をご存知ですか??

目の前にある水が冷たいと言われて、実際に飲んでみたら意外とあたたかかった、という意味です。

要するに自分で感じてみないとわからない、という意味です。

実際の水の温度は人によって感じ方が違うわけです、アートもまさにそうですよね。

正解不正解のないこの世界、超自分軸を感じ、今に集中し、五感をフルに使う。

これからはそんな自分の感性が必要だと痛感しています。

2020年4月25日の<音x感性>対話型鑑賞オンラインワークショップ

そんなわけで2020年4月25日、オンラインワークショップ vol.1を開催します!!

お申し込みはこちらから!!↓

http://ptix.at/ql9Cha

■イベント概要

  • ⽇時: 2020.04.25(⼟) 14:00 – 16:00
  • 16:00~オンライン懇親会(30分程度で参加自由)
  • open: 13:45 / start︓14:00
  • 価格: 5,500円
  • 主催: ONGAKU Inc

ぜひみなさんのご参加をお待ちしております!!!

関連記事一覧

【音X感性】対話型鑑賞メルマガ

音楽家・音鑑賞ファシリテーター


 
Lena Saito

 
▶︎Profile

Blog

PAGE TOP